つや女房 [FMDS-5131]

つや女房 [FMDS-5131]

販売価格: 3,800円(税別)

数量:
2009年8月21日(金)発売
死んでもいいほど、愛しくて…
文明開化の到来に、女たちも艶めきはじめる!
時代劇エロスレーベル「FULLMOTION VINTAGE」第5弾


かすみ果穂
岡田智宏
石川雄也
松浦祐也
柳東吏
高尾祥子
野上正義

製作・企画/永森裕二
プロデューサー/森角威之 飯塚達介
撮影/創優和
録音/田村亥次
ラインプロデューサー/泉知良
助監督/内田直之
ヘアメイク/鷲田知樹
衣装/天野多恵
スチール/山本千里
音響効果・選曲/安原裕人
制作協力/杜方
脚本/小松公典
監督/竹洞哲也

時は開国から数年が経った明治の頃。急速に進む近代化の波は、下駄職人の権三と妻のおせいが住む田舎町にも押し寄せて来ていた。時代は、下駄から靴へと移行していく。その為、貧乏な暮らしが立ち行かなった権三は、町を治める善蔵にいくばくかの借金があった。善蔵はそれを盾に、おせいの体を狙ってる節もあり、夫婦して毛嫌いしていた男だった。貧乏暮らしと善蔵の悪手に限界を感じたおせいは、下駄作りをやめて大阪で商売をしている兄の元へ行こうと持ちかける。だが、権三は職人としての誇りもあり、首を縦に振らない。第一、道中の路銀にも事欠く始末だ。そこで、おせいは自分が死んだ事にして善蔵から香典をせしめ、田舎町を出る路銀にしようと企てる―。
権三から知らせを聞いて駆け付けた善蔵。しかし、布団に寝かされたおせいの亡骸を見て、死んでいない事に気付く。が、それを口にせず、留守は善蔵の孫である貞吉と茂吉に番をさせる事にして、権三を自宅に招く。権三を連れ帰った善蔵は、悲しみを癒す為にとことん飲めと酒を差し出す。酌されるままについつい飲み過ぎてしまう権三。それこそが善蔵の狙いであった。酔わせて寝てる間に死んだふりをしているおせいを…という魂胆であった。

仕様

製作年度 2009年
製作国 日本
ジャンル 時代劇エロス
レイティング R-15
仕様 DVD/カラー60分+特典約25分/片面1層/日本語2ch/16:9ビスタサイズ
特典 フルモーション予告編集
発売 フルモーション・ビンテージ
レンタル発売日/品番/販売 2009年8月21日(金)FMDR-9305/AMGエンタテインメント株式会社
セル発売日/品番/販売 2009年8月21日(金)FMDS-5131/AMGエンタテインメント株式会社
コピーライト (c)2009 フルモーション・ビンテージ
つや女房 [FMDS-5131]

販売価格: 3,800円(税別)

数量: